トップページ > 症状別施術 > 不妊症、生理痛

不妊症、生理痛

不妊症と生理痛女性特有の悩みとして多い、生理痛。
女性の80%〜90%が生理痛を経験しているという
報告があるほど生理痛は女性にとって大きな問題です。

軽い腹痛レベルの女性が多いですが、
重度な痛みを引き起こす生理痛を抱えている
女性もとても増えてきました。

中には「生理痛がひどくて仕事を休む」など
深刻な生理痛にお悩みの女性もいるでしょう。

生理痛が重いと不妊症になる?

生理痛がひどい女性は妊娠しにくいという
噂を聞いたことがある方もいると思います。

今回は不妊症と生理痛の関係について
少しお話したいと思います。

結論から言いますと、

生理痛が重い=妊娠しにくい
という訳ではありません。

ただ、生理痛というものは身体の構造や機能が正常であれば

本来感じることが無いのです。

生理痛とは正常な月経が何らかの原因で上手くいっていない

というサインなのです。

骨格やその他の臓器との関係で子宮や卵巣の状態が悪くなって

いることの表れになります。

この状態が続いていると子宮や卵巣が本来の働きができず、

結果的に不妊症をはじめ、婦人科系の疾患の原因になってくる

ことが多くあります

長期にわたる構造の乱れや機能不全はホルモンのバランス

の乱れ、排卵障害など妊娠に深く関係しています。

また、ホルモンバランスの乱れが原因で
生理不順を引き起こす場合などもあります。

検査しても異常なし。どうすれば?

生理痛がひどくて検査を受けたけれど、
特に異常はないと言われてしまった。
そんな方がよくいらっしゃいます。
婦人科系の病気、特に生理痛は
検査では異常が見つからないケースも多いです。

しかし、原因が無く症状が出ることはありません。

何らかの原因があるはずです。

ただ、病院などで診ている病気というレベルでの

問題がない。という状態です。

症状は身体からのサインですので、何かが上手く

いっていない、と身体が訴えている状態なのです。

東洋医学で未病と呼ばれる大きな問題が出る前の

状態を身体が教えてくれているのです。

であれば、その原因を改善すれば身体が元の状態に

戻り、生理痛などの症状、サインは出る必要がなくなります。

生理痛がずっと続いているなんてとても辛いですよね。

その解決法は、病院ではみえない原因を身体から探し、

元の状態に戻してあげることです。

オステオパシー治療は生理痛・不妊症を内側から改善します

オステオパシーの考え方では
婦人科系の病気や生理痛の原因は
身体の中の状態にあると考えます。

生理前後の身体の不調や重い生理痛も
その人の生活習慣や体内環境から発生しているのです。

オステオパシー治療院H.O.O.(フー)では
うまくかみ合っていない身体の歯車を身体の中から
探し出し、調整することで身体が自らバランスを
取る手伝いをします。

生理痛は不妊症のサインかもしれません

不妊症と生理痛生理痛がひどくても何も対策を取らないという女性は多いです。
生理前後以外は特に症状がないので、
我慢してしまう方が多いのです。
「生理痛は我慢するもの」という認識を持っている
女性がほとんどですが、その認識は間違っています。
身体にとって好ましくない状況を我慢している状態は
決して好ましい環境とは言えません。

重い生理痛はホルモンバランスが崩れているサインです。
長い間生理痛を放置し、不妊症になった後で、
「あの生理痛は不妊症のサインだった…」
とならないように、すぐに治療を受けて
健康な身体を取り戻して頂きたいです。

連絡先について 電話075-702-3586
お問い合わせはこちら
地図