トップページ > 女性のためのオステオパシー > 逆子(さかご)のオステオパシー治療

逆子(さかご)のオステオパシー治療

 妊娠・出産には、しっかりと決められたプロセスが存在しています。pregnant-214522-225x150-MM-100
妊娠後期の赤ちゃんの位置や向きにも
しっかりとした決まりがあり、
その場所に落ち着いていることが
正常で安全な出産のスタートになっています。

逆子はよくあることですが、そのほとんどが
帝王切開などの外科的処置になってしまいます。
母子の安全のためには仕方のないことですが、できれば手術は避けたいものです。

逆子になってしまう理由のほとんどは母体の構造的問題です。

その他、自然災害などの外からの影響やお母さんの精神的ストレスにTired pregnant woman
よる緊張まで様々なものがありますが、
まず問題となるのがお母さんの体の構造的な部分です。

 子宮の緊張や腹部の緊張、腰椎や骨盤の不具合など、
赤ちゃんが定位置に居づらい状況がお腹の中に存在するために、
安定した場所にいるのが不快になっていることが原因です。

 34週以降は赤ちゃんの位置がほとんど固定してきます。
この時にお母さんに構造的不具合があると
赤ちゃんが定位置におさまることができなくなります。
それまでの間は赤ちゃんがお腹の中を自由に動き回るためのスペースも
十分にあるため問題にはなりません。

しかし体が大きくなり自由度が下がってくると、
いよいよ赤ちゃんは外の世界へ出る準備をしはじめます。
その時定位置の居心地が良くないと、
しっかり頭を下にできなくなってしまい逆子になるのです。
 昔から逆子に対しては、助産師さんや鍼灸師が手によって回す技を
持っていたり、逆子のお灸などをして改善してきました。

しかし最近ではその技を継いでいる人も減り、
またその存在を知る人も
少なくなりました。

taiji_sakago

逆子=帝王切開という流れも、それらの影響が大きいように感じます。

オステオパシーでは妊娠・出産のプロセスをしっかりとした解剖学・生理学・

発生学的に捉えて安全で愛護的に元に戻す方法があります。
当院でも多くの逆子を診させていただいていますが、
そのほとんどが無事に元に戻ってくれ、帝王切開を回避できました。
私は妊娠・出産はあくまで自然なかたちであるべきと考えており。

外科的手術はできるなら避けるべきであると思います。

そのため私はオステオパシーの産科治療の権威のオステオパスのセミナーに
 参加するなど、専門的知識と技術を学んでおります。

 先程も述べた通り、34週以降は赤ちゃんが自由に動き回れなくなってきます。

治療を希望される方は、26週以降で30週前後までに逆子が戻らない場合は
 なるべく早く治療にお越しください。

自然なかたちで出産することが最も大切であると思います。
逆子で悩んでおられる方のお力になれることに喜びを感じ、オステオパシーで
逆子が治ることをもっと多くの方に知っていただきたいと思います。

 

 

帰る頃には逆子が無事戻ったような感覚でした。 ( A.W. 様 京都府 )

症状:
 

1、治療を受けるきっかけ
逆子(妊娠7~8ヶ月頃)、妊娠前は腰・骨盤のゆがみ

2、治療を受けて改善された事
あまり自覚なく生活してきたが、逆子のときは先生に相談し治療を受けその日にググッと動き出し治療日(時間内)
帰る頃には無事戻ったような感覚でした。その後産婦人科の検診でも無事戻っていてホッとしました。

3、回復してよかった事、うれしかった事
この臨月に入るまで35歳の妊婦としては大きなトラブルをせずにこれたのは、定期的に先生に診てもらっているおかげと思います。大きなトラブルになる前の段階で不安要素を一つずつ減らしてもらっているので大きなトラブルにつながらなくてすんでいるとおもいます。

4、同じような症状で悩んでおられる方へ
病院は症状が出てから薬をもらったりと結果が出てしまってからの所だとおもいます。
でも日々の生活の中では未然に防いでいくほうが大切で大事に至らないですむとおもいます。

※施術効果には個人差があります

連絡先について 電話075-702-3586
お問い合わせはこちら
地図