トップページ > 逆子

帰る頃には逆子が無事戻ったような感覚でした。 ( A.W. 様 京都府 )

症状:

1、治療を受けるきっかけ
逆子(妊娠7~8ヶ月頃)、妊娠前は腰・骨盤のゆがみ

2、治療を受けて改善された事
あまり自覚なく生活してきたが、逆子のときは先生に相談し治療を受けその日にググッと動き出し治療日(時間内)
帰る頃には無事戻ったような感覚でした。その後産婦人科の検診でも無事戻っていてホッとしました。

3、回復してよかった事、うれしかった事
この臨月に入るまで35歳の妊婦としては大きなトラブルをせずにこれたのは、定期的に先生に診てもらっているおかげと思います。大きなトラブルになる前の段階で不安要素を一つずつ減らしてもらっているので大きなトラブルにつながらなくてすんでいるとおもいます。

4、同じような症状で悩んでおられる方へ
病院は症状が出てから薬をもらったりと結果が出てしまってからの所だとおもいます。
でも日々の生活の中では未然に防いでいくほうが大切で大事に至らないですむとおもいます。

逆子が治りました ( A.H様 下京区 女性【症状】逆子 肩こり 冷え 足のむくみ )

Q.治療を受ける前にはどのような症状がありましたか?
逆子、肩こり、冷え、足のむくみ、生理痛

Q.治療を受けてその症状はどのように改善してきましたか?
逆子が治りました。肩まわりは施術後に緩んだ感じがします。
体が温かくなり冷えや足の張りが楽になってます。

Q.体調が回復してよかったことやうれしかったことは何ですか?
とにかく逆子が治って、子宮の位置も上に上がってきた
ようなのでそれがうれしいです。

Q.症状で悩まれる方々へメッセージ
逆子は出産直前までに治っていれば良いようにおっしゃる
産科医の先生もおられますが、なるべくよいポジションで
お腹の中に居ることで胎児の動きも活発になり、出産後の
育児のトラブルを少なくすることができると思います。
なので、なるべく早くケアに取り組んだほうが良いのでは。

連絡先について 電話075-702-3586
お問い合わせはこちら
地図