トップページ > 当院について > 治療方針と治療方法

治療方針と治療方法

当院の治療は自然医学とオステオパシーの原理・原則に基づき、
人の体が元の正常な働きを取り戻し自然治癒力が再び活性化することを目的に行います。

施術の目的

1. 症状の根本的原因を探し、調整を行う
2. 身体の全てが調和のとれた状態に導く【肉体的、物質的、精神的、社会環境的】
3. 身体に起こっている問題を解放したことにより自然治癒力を活性化させる
4. 自らの力で自己治療・健康維持する力を取り戻す
5. 健康の大切さと自らの身体との関わり方を身につけてもらう


オステオパシーの原理や理論については、別ページ「オステオパシーとは?」で詳しく説明しております。
より理解を深めていただくためにもぜひご一読ください。

根本的原因とは何か?

症状を引き起こしている原因は構造の異常であったり、機能の異常です。
ここまでは病院や他の療法でも説明されると思います。

しかしこの構造や機能の異常はなぜ起こるのでしょう?
構造や機能を乱してしまう力がどこかに存在しているのです。
これが根本的原因であり、症状を引き起こす真の原因です。
真の原因は一人ひとり違う為に法則はありません。

物理的なものや精神的なもの、社会環境的なもの、
それらが複雑に絡み合って影響した結果、構造や機能を乱してしまうのです。
「この症状はここが原因で起こる」といった考え方のみでは、
症状が一時的に消えたりしても時間と共に再び症状があらわれたりします。

症状を引き起こす原因を作っているもの、
この根本的問題をクリアにすることが重要になるのです。
数ある治療においてここまで追求し治療を行う治療者は決して多くはありません。

どんなに鮮やかにその場で症状が消えたり変化しても、
再び症状が引き起こされるのであれば、火事における火災報知機のベルを止めただけにすぎません。
火事の火元は消えてはいないのです。

つまりは「対症(処)療法」の領域からは出ておらず、
本当の健康への道にはなりえないのです。

 

治療の進め方

先述したように、人それぞれ原因は異なります。
それゆえ治療の経過も人によって大きく変わります。
最近負ったケガなどによる短期的な症状変化の場合は数回の治療、
時には1~2回でも速やかに改善がみられることがあります。

しかし、何度もケガをしたり手術などをしているものに関しては、
他への影響が出ていることが多いためもう少し時間がかかる場合がほとんどです。

繰り返す症状は、その症状を起こす原因や環境が
身体の中に存在しているからといえます

慢性的な症状や、長期間にわたり現れたり消えたりしている症状の場合

・過去のケガなどの後遺症
・食生活、生活習慣の悪さ
・精神的なストレスの蓄積
・自分のまわりを取り巻く環境の問題

多くは上記のようなことが大きく影響しています。
このような場合、それらの改善を含めた治療計画が必要となり、
ご自身にも今一度生活の見直しなどの協力をして頂くことになります。

激痛や重い症状の場合は、その症状に至るまでに10~数十年蓄積された原因が存在するか、
手術や事故により大きな構造的問題を引き起こしている可能性があります。

痛みに関しては、早期に改善することもあるため一概には言えないまでも、
ある程度間隔を詰めた治療(1~2週に一度)や半年~1年程の長期的な施術の必要な場合もあります。

治療の目安はあくまで参考であり、回復の早さや症状の強さには個人差があります。

治療の頻度や期間などはその都度詳しく説明させていただきますが、
ご不明な点などありましたらご遠慮なくお聞きください。

当院の治療方針は症状を治すことが目的ではなく、身体の中にある問題をしっかりと
元に戻す事で結果的に症状が自然と回復に向かいます。

能力を取り戻した身体が再びパワフルにエネルギーに満ちて働く事によって
その人自身が心身ともに健康になる事を目指します。

連絡先について 電話075-702-3586
お問い合わせはこちら
地図