トップページ > 女性のためのオステオパシー > 妊娠中・産後の身体の不調

妊娠中・産後の身体の不調

055736

妊娠中や産後の方は様々な不快症状を訴えておられます。

代表的なものとしては腰痛や股関節痛があります。

病院では急激な体重増加や姿勢の崩れからくるものとされている
事がほとんどですが、実際はそれだけではありません。

妊婦さんへの治療

妊娠中の方の場合では、子宮の過緊張や内臓の癒着や固着によるもの・

元々膝や股関節に持っていた問題が表面化するものなど、様々な問題があります。

これらの問題は腰や膝、股関節の痛みだけでなく、069971
子宮が十分に広がらないため切迫早産や難産・妊娠中毒症などの
諸症状を引き起こす原因になることもしばしばです。
オステオパシーには妊娠中から出産までに起こる体の変化について
解剖学・生理学・発生学的知識とそれに伴う技術が存在します。

日本ではあまり耳にしない妊婦さんへのケアですが、フランス
などではごく普通に行われており、多くの方々がその恩恵を
受けています。

身体の構造的問題などを取り除く事で、妊娠中に起こりうる症状や、
難産のリスクを軽減できると考えられます。
妊娠中の不快感はお母さん自身もしんどいですが、
お腹の中の赤ちゃんへの負担も大きくなってしまいます。

ひどいつわりやむくみ、妊娠中毒症などは身体が自ら訴えている身体の不具合です。
赤ちゃんにとって最適のゆりかごを作ってあげて
母子共に快適で生まれてくる命に喜びと感謝の気持ちを持ちたいですね。
少しでもそのお手伝いができる事を心より願っております。

 

産後の様々な症状への治療

産後に特に多い腰痛のほか尿もれや下半身の不快感・脱力感、
恥骨の痛みなど様々なものがあります。

これらに対し色んな治療法が存在しています。
産後の骨盤矯正などの療法が一般的に行われています。
もちろんこれらもとても有効ですが、骨盤のみに注目すると
それだけでは解決しないものも多くあります。2015062700013_1
出産時の大きな力によるひずみが
全身に波及したために表れる事がほとんどのため、
全身をみないと解決できません。

例えば稀にですが産後うつとよばれるものがあります。
これはもちろん育児のストレスによることもありますが、
決してそれだけではありません。

出産時や妊娠時に骨盤や背骨、
脊髄硬膜にかかった力により
力学的に自律神経系などに影響を及ぼし、
結果的にうつ症状があらわれている事があります。

また産後、頭痛や肩こりがひどくなったりする方も多くおられます。
赤ちゃんが生まれて、忙しくなりなかなかご自身の不調に対して
ケアができない方が多くおられます。

不快症状の改善はもちろんご自身のためでもありますが、
健康で快適な身体で赤ちゃんと過ごしていただきたいと思います。
オステオパシーではこれらの問題に対し、全身で問題のあるところを
探し身体のシステムを正常化する理論とテクニックがあり、
身体が正常に働くように導いていきます。

 当院の院長は安全で快適な妊娠・出産は何より大切だと考えております。

そのため、産婦人科領域で優れた海外オステオパスのドクターのセミナー
に参加するなど、専門的知識を学んでおります。

今後日本においてもフランスなど海外諸国のように
多くの妊婦さんがオステオパシーに関わる機会が増え、
その恩恵を受けられることを心より願っております。

連絡先について 電話075-702-3586
お問い合わせはこちら
地図